Y弁護士への伝言

Y弁護士への伝言 兄は道警勤務で人もうらやむ給料の高さと 福利厚生がしっかりした会社に就職した 然し親にはまとまった金額のお礼はなく 年一万円程の誕生日の祝い金だけであった 親は予備校 大学 運転免許 そして父の使っていた車のおさがりと 至れり尽くせり投資したが 年一万円程の祝い金では 不満足であった 全く投資していない二男の金に目を付 貯金を少しずつ使い始める …

続きを読む

Y弁護士への手紙

私が兄に。親に立て替えた半分を請求したい理由、 2001年から2018年まで一度も 正月は家に来なかった つまり、長男でありながら、他人のように、親を見捨て 素知らぬふりをし続けている。 その薄情さは、 2001年に父に貯金が使い込まれ 兄に電話するも相手にしてくれなかった 点にも現れているのである。 兄は一切 汚れ仕事である介護をやらずに逃げている。 例えば、下の…

続きを読む