Y弁護士への手紙

私が兄に。親に立て替えた半分を請求したい理由、


2001年から2018年まで一度も 正月は家に来なかった
つまり、長男でありながら、他人のように、親を見捨て 素知らぬふりをし続けている。

その薄情さは、
2001年に父に貯金が使い込まれ 兄に電話するも相手にしてくれなかった
点にも現れているのである。

兄は一切 汚れ仕事である介護をやらずに逃げている。
例えば、下の世話や病院の送迎など


兄に対する 請求理由に。
877条は、生活に余裕がある場合といわれているが、
兄は マイホーム 高級老人ホーム 沖縄旅行など、何度もレジャーを楽しむ余力がある。
しかも養育すべき子もいない。

、兄さんに支払い能力が、十分にある


ぼくは、兄さんから支払いをうけても、自分のためだけに
使うのではない。
兄さんが、本来 出すべきな、結婚式にでてくれた恩義ある親戚にも、兄さんに代わって お金を包み 感謝を表したいて思う

この記事へのコメント